Voyageur de chocolat ~至福のチョコレートを求めて全国横断~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【リンツ】 ハロー

リンツ の ハロー

スイスのチョコレートメーカ「リンツ」
コンチングマシーンで滑らかなチョコを作ることに成功した
ロドルフリンツが創業したブランドであり、
日本ではゴディバと共に高級チョコの代名詞にもなっています。

こちらの主力はプレミアム感漂う大きな板チョコ・エクセレンスと
球体のお菓子リンドールですが、最近新しいコンセプトの商品が現れました。

ハローという名前に、かなりカジュアルでポップな雰囲気のパッケージ。
チョコレートのイラスト部分はつるつるとして、何やら触り心地のよい立体感。
なでなでしているだけでちょっと幸せになれる、非常に凝ったデザインです。

今回ご紹介するのは、そのシリーズの中から2つ。
ポップコーンとキャラメルブラウニーです。

リンツポップコーン リンツポップコーン2
・ポップコーン
板チョコの中には、たっぷり甘いミルクチョコレートと
ポップコーン風味のちょっぴりしょっぱい粒が閉じ込められています。
黄色と白色の粒々が目にも楽しい一品。
カリカリ&ザクザクした食感と香ばしい甘味がクセになります!
冷蔵庫や冷凍庫でしっかり冷やすと食感がより楽しめます。

リンツブラウニー リンツブラウニー2
・キャラメルブラウニー
板チョコの中に、ねっとり濃厚なキャラメルソースと
じゃりじゃりしたブラウニー風の粒々入りチョコが閉じ込められています。
ボンボンショコラのようなオシャレな仕様です。
激甘濃厚!旨味がたっぷり詰まった一品。
常温や、レンジ3~5秒でやや溶けかけたあたりがオススメです。

ワクワクとドキドキがめいいっぱい詰まった夢のある板チョコ。
まさか中にポップコーンやブラウニーが入っているとは・・・!
霧の浮舟(中は空気)が最高に美味しいと信じていた
私の幼少時には考えられないようなアイデアです(笑)

一過性のネタ的なものではなく、
味や食感ともに絶妙でハイクオリティ。
リンツが新定番として満を持して出してきた気合が伝わってきます。

チョコ好きと言ってもタイプはたくさん存在しますが
(ミルクチョコ好き・板好き・ボンボン好き・カカオ好き・チョコのお菓子好きetc・・・)
かなり広範囲の人に好まれそうなストライクゾーンの広い商品。

魅惑的な商品が溢れる激戦チョコレート菓子市場において
販売を広げるため、経営を維持するため、
なにより沢山の人に愛されるためには変化が必要です。
大手のリンツがBean to barのブームやコンビニ菓子高級化を受けてどう動くのか。
これからますます楽しみです。

過去記事1 アイスチョコレートドリンク ダーク http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
過去記事2 エクセレンス・70% http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 04:15:22|
  2. 市販品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【トニックシーン】 ローチョコ&ビオチョコ

トニックシーン の ローチョコ&ビオチョコ

南カリフォルニアのローフード専門のブランド「トニックシーン」
ロハスな雑貨店でたまに見かけるチョコレートです。
(私は、コスメキッチンジューサリーで入手しました!)

今回ご紹介するのはローチョコとビオチョコを1種類ずつ。
ローとはロースト(焙煎)せずにチョコレートに加工したもの。
ビオとは有機栽培で育てられたカカオ豆を使用したもの。
を意味します。

トニックシーン3
・ストロベリー ローチョコレート ダーク70%
通常の板チョコよりも柔らかく、ざらざらっとした口溶け。
溶け方はゆっくりで、脂肪分が舌に浮くオイリーなタイプ。
苦味と渋味もありますが、何よりも
舌に絡みつくようなもったりした甘味と、謎のスッキリ感が特徴的。
かすかに香ばしいココアパウダーのような香りも。
時折かすかにイチゴの香りがします。

トニックシーン1
この独特な風味を持つ甘味の正体が気になりアガペシロップを調べてみたところ、
どうやら樹液から作られる甘味料。
中には熱処理していないものもあるようですね。
粉ではないので(さらっとした感じの液体)バターと混ぜ合わせるのが難しいために、
舌に油脂膜が浮いたような口溶けになったのだと推測されます。
健康に良さそうなお菓子!という感じです。

トニックシーン4
・ビオ ダークチョコレート ポップキノア
口溶けは良好。さらっと消えます。
一言で例えるなら、めっちゃビターなクランキー!
ココアパウダーの風味がたっぷりで
キノア(穀物)の香ばしいパフがザクザクします。


トニックシーン2

ちなみに先ほどのストロベリーとは異なり、
こちらのチョコレートには粗糖が使用されています。
甘さも自然で、チョコレートに綺麗に馴染んでいる気がします。

ちなみにチョコレートに加えられる砂糖は、
法律などで特に制限されてはいません。
ただ、液体や固体、またそれぞれ分子の大きさや結晶パターンなどさまざまあるので
配合した砂糖によって風味や食感はだいぶ変化します。

健康を考えて、使う砂糖を変えるというのは面白い試みですね。
個人的にはどんなものが入っていようと
「とても美味しいもの」であれば良いですが
きび砂糖やてんさい糖とは明らかに異なる甘味料で、
カカオの香りを生かすのは難しい気もします。
ですが今までにない商品がどんどん出てきたら、
新たな技術、業界の活性にもつながるかもしれませんね。

原材料の面白いチョコレートは、やはり惹かれます。
これからも不思議チョコの発掘をしていこうと思います。

トニックシーン(上は公式facebookページ、下は代理店のブランド商品解説ページです)
https://www.facebook.com/pages/Tonic-Scene-Chocolates/443435389046072
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dailynature/brand_tonic.html
  1. 2015/05/07(木) 12:30:08|
  2. 市販品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【The Tea Room】 グリーンアールグレイ

The tea room緑茶2
The Tea Room の グリーンアールグレイ

ピエロの描かれたパッケージが印象的な「ザ ティー ルーム」
お茶とチョコレートのコラボ商品を数々開発しているアメリカのチョコレートブランドです。
品名には有機チョコレートとあり、オーガニックへのこだわりもあるようです。
輸入食品店や輸入雑貨店で入手できます!

今回ご紹介するのはアールグレイの緑茶風味の60%のダークチョコレートです。
巷でよく販売されているお茶系のチョコレートは
ホワイトチョコレートに茶葉の粉末を加えて緑色にしているものがほとんどですが
こちらが面白いのはダークチョコレートをベースにしている点です。
ですので色も一見普通のチョコレートです。
The tea room緑茶

口溶けは良好で、じわっと溶けていきます。
アールグレイ独特の重めの柑橘系の香りと
緑茶の爽やかな香りが混ざり合ったような
濃厚な茶葉の香りが口いっぱいに広がります。


味の主体は、甘味と酸味と渋味。
特に渋味は舌にまとわりつくように長く残ります。

ダークチョコレートだとカカオに緑茶が負けてしまうのではと思いますが、
これはお茶の風味が全面に出ています。

フレッシュな紅茶を飲んでいるような感覚に浸れる一品。
リラックスタイムにいかがでしょうか。

過去記事 ハニーブッシュキャラメル
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

The Tea Room (下記は日本で通販を行っている会社のURLです)
http://tea-boutique.jp/SHOP/1946.html
  1. 2014/12/23(火) 14:25:49|
  2. 市販品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ロココ チョコレート】 オシャレなチョコレート達

ロココ5
ロココ チョコレート の オシャレなチョコレート達

英・ロンドンのナイツブリッジにある「ロココ チョコレート」
講座やワークショップも開催しており
まさに食べて学べるチョコレート専門店です。

今回ご紹介するのは、
カカオの植物が描かれた板チョコ2種類と
魚の形をしたチョコレート。
どちらも個性的で、圧倒的なオシャレ感・・・。
ヨーロッパ周遊旅行をしていた姉からのお土産です。

ロココ6
・板チョコレート 100%(写真右)
カリッと割れて口溶け良好。
舌にまとわりつくようなもったりした溶け方をします。
原材料はカカオ豆のみなので甘味はありません。
代わりに強烈な苦味が舌を刺激します。渋味もしっかりとある力強い一品。
パスタやサラダなどの料理にトッピングしたり、
蜂蜜やメープルをかけて甘さを調整すると、食べやすくなりそうです。

・板チョコレート 71%(写真左)
カリッと割れて口溶け良好。するするっと溶けていきます。
程良い苦味と、ほのかな酸味が心地よいブラックチョコレートです。
エスプレッソに砂糖を多めにいれたような感じの風味。
飽きの来ない王道な味わいの一品でした。

ロココ1
・魚チョコレート
鮮やかな色合いの魚型チョコレート。
商品名は英語で「hand-painted dark chocolate trout」と記載されています。
ベースはやや甘めのダークチョコ。
その上に甘くてミルキーなホワイトチョコがコーティングされ、
さらにその上に彩色が施されています。

ロココ4
あまりの完成度の高さに
齧るのが申し訳なくなります。
見つめているだけで幸せになれる
チャーミングなチョコレートでした。

ロココ3
ちなみに包装の袋はこんな感じです!
中央部にはカカオの実も描かれています。
こだわりが伝わってきますね。

ロココ2
これはカカオマニアにはたまりません!
板や魚ちゃんがズラリと並ぶ様を見るべく
いつか実店舗に遊びに行きたいと思います。

Rokoko Chocolate ロココ チョコレート(現地の公式HP・英語です)
http://www.rococochocolates.com/
日本語による情報サイトにも掲載されています。
http://www.news-digest.co.uk/news/features/8479-london-chocolate-shops.html
  1. 2014/09/24(水) 06:58:08|
  2. 市販品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【GREEN&BLACK'S】 チョコレートセット

greenblack2.jpg
GREEN&BLACK'S の チョコレートセット

1991年創業・イギリスのチョコレートメーカ「グリーン アンド ブラックス」
グリーン=環境への配慮
ブラック=カカオの比率の高さ
を意味しているそうで
その名の通り、オーガニック&フェアトレードチョコレートを製造しています。

こちらも、ヨーロッパを周遊していた姉からのお土産です!!
左から紹介していきます。

greenblack.jpg
・ダークチョコレート85%(黒色)
口溶けは良好ですが、後味に少し粉っぽさがあります。
ココアパウダーを凝縮したような香りとややキレのある苦味が特徴的。
かなりビターなココアを飲んでいるような気分になれる一品です。

・ダークチョコレート70%(茶色)
口溶けは良好ですが、後味に少し粉っぽさがあります。
ほんのりレーズンのような甘酸っぱい香り、バニラのような甘い香りが広がります。
原材料にバニラ エクストラクト(=バニラ香料)とあるので、おそらくそれでしょう。
香りも甘さも食べやすいビターチョコレートでした。

・ジンジャー(オレンジ色)
ざらざらとした口溶け。
ドライ生姜の粒が混ぜ込まれています。
全体的には甘い印象が強いですが、
生姜のピリッとした風味もしっかりと感じられます。
大人向けのちょっぴり刺激的な一品でした。

・ヘーゼルナッツ&カラント(紺色)
口溶け良好ですが、少し粉っぽさがあります。
全体量の1/4程度ずつヘーゼルナッツとカラント(=レーズン)の粒が混ぜ込まれています。
ナッツの香ばしさとレーズンの酸味がダークチョコレートとよく合います。
オヤツ系の王道を行くチョコレートでした!

・ヘーゼルナッツ(青緑色)
口溶けは良好ですが、少し粉っぽさがあります。
全体量の半分程度ヘーゼルナッツの粒が混ぜ込まれています。
粒は小さめですがゴロゴロ感は健在。
ヘーゼルナッツ特有の風味はしっかりと感じられます。
リラックスタイムに食べたいオヤツ系チョコでした。

どれもココアのような、クラシカルな香りが漂っています。
これが並んでいるデパートの棚、楽しそうですね。
イースター商品(卵型のチョコ)やアイスなどもあるようなので
イギリスに遊びいく機会がある方は是非お試し下さい。

グリーン アンド ブラックス(下記は現地の公式サイト(英語)です。)
http://www.greenandblacks.co.uk/
  1. 2014/09/20(土) 06:00:53|
  2. 市販品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぬんぬん

Author:ぬんぬん
ドモーリのチョコレートを愛する
カカオ&チョコ中毒な管理人が
独断と偏見で選んだチョコを紹介中。
全国のケーキも食べ歩いているので
お店探しにもご活用下さい♪

メールフォーム

お問い合わせ、感想など 気軽にお寄せ下さい! 大喜びします!

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター始めました!

最新記事

訪問ありがとうございます!

カテゴリ

TOP (2)
DOMORI (50)
商品一覧 (30)
翻訳記事一覧 (14)
講座 (2)
考察 (3)
カカオの実験 (8)
チョコレート (185)
Bean to Bar商品 (68)
クーベルチュール商品 (26)
ショコラティエ商品 (45)
市販品 (32)
食べ比べ・考察など (6)
講座・イベント (2)
チョコ関連書籍 (6)
スイーツ別ランキング (13)
パティスリー (254)
東京 (100)
福岡 (77)
北海道 (26)
関西 (24)
九州・沖縄(福岡除く) (16)
関東(東京除く) (6)
海外 (4)
和菓子 (50)
どら焼き (8)
羊羹 (9)
その他餡子系 (16)
餡子以外 (16)
市販のオヤツ (11)
手作りお菓子 (4)

大変お世話になっております♥

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

絶品☆おすすめ板チョコレート!

希少カカオ クリオーロ種ライン チュアオ カカオ 70% 25g ドモーリ

希少カカオ クリオーロ種ライン グアサーレ カカオ70% 25g ドモーリ 【冷蔵便のみ】

希少カカオ クリオーロ種 チョコレート 6枚入 (6種類×各1枚/4.7g) ドモーリ 【冷蔵便のみ】

クリオーロ 100% 25g ドモーリ 【冷蔵便のみ】

シングル オリジナルシリーズ 品種・産地別チョコレート(6種入) 6枚 (6種類×各1枚/4.7g) ドモーリ 【冷蔵便のみ】

D-fusion 6枚 (6種類×各1枚) ドモーリ 【冷蔵便のみ】

[9月上旬発送予定] イルブレンド カカオ70% 25g ドモーリ 【冷蔵便のみ】

チョコレートのオススメ本

チョコレート・バイブル―人生を変える「一枚」を求めて

世界の一流ショコラ図鑑

カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン―神の食べ物の不思議

チョコレートの真実 [DIPシリーズ]

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。