Voyageur de chocolat ~至福のチョコレートを求めて全国横断~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ドモーリ】 クリオロシリーズについて考察

クリオロ7種1
ドモーリ の クリオロシリーズについて考察

前回よりご紹介してきたクリオロシリーズについて
私の考えをまとめてみました。

このシリーズは、ベネズエラにあるドモーリの農園で育てられた
遺伝子の異なるカカオ豆の香りが楽しめる傑作集です。
同じ産地どころか、同じ農園で栽培しているのに香りが違う・・・
これまでのカカオの常識を覆す、研究し尽くされた珠玉の逸品達です。

チョコレートとしての香りの豊かさ(エレガント指数)は
ポルチェラーナとチュアオが別格。
グアサーレは濃い目でラスボス感はありますが、また特殊な部類。
カノアーポは一見地味で、存在を忘れそうになりますが、
おちゃめ系のプエルトフィーノ、マーレよりも包容力があり、落ち着いているイメージ。
クリオロの家系が皆、美形すぎて眩しいです。

ドモーリブランド自体の品質の高さがインフレ状態で混乱しますが、
クリオロシリーズはシングルオリジンシリーズよりも
まろやかな味わいと脅威の口溶け、何よりもカカオの神秘を感じられます。

またシングルとは異なる面白い現象があります。
それはブレンドしても、驚くような相乗効果がないこと。
1つ1つが既に完成品であり、それぞれが単体で完結しているのです。

シングルのシリーズは個性一点集中の職人型なので、
混ぜると旨みや香りが倍増したように感じますが
クリオロのシリーズはバランス+αのスーパースター型なので
それぞれが併せ持つ繊細な風味が、殺しあっている感じが否めないのです。

特にチュアオと何かをミックスすると、驚くほどチュアオ特有の甘味が弱まります。
またジャバブロンドは混ぜたら危険、全部ジャバブロンドにひっぱられます(笑)
(そうは言っても、神レベルの美味しさですが。)

クリオロシリーズを適当に混ぜることは大変なリスクです。
ダイアモンドを一ヶ所に集めて、転がして傷つけあっているようなものです。

なぜイルブレンド(シングルのブレンド)は100%、70%が両方あるのに
クリオロは100%のみで、70%が存在しないのか、謎ではあったのですが
砂糖によって風味が強調される分、
「甘いチョコレート」としての完璧指数が下がってしまうため商品化しないのでは?
と勝手に推測しています。
いつかチュアオ100%という激烈にマニアックな商品が出れば、謎は解けるかも!

クリオロ7種2
同じクリオロでもこんなに色が違います!!
「クリオロ」は世界で使用されているカカオのシェアから見ても
希少種であることには間違いありません。
しかし、クリオロと分類される品種の中からさらに
ジャンルーカが選び、純度を高めたカカオで
彼の考え抜いたレシピで作られているからこそ、
ドモーリは別格に美味しいのだ
と私は信じています。

ジャンルーカのこだわりは、“商品”としての度を超えています(笑)
ただ単に、高品質であるという客観的な事実よりも、
彼が心からクリオロを愛していることが、
チョコレートを一欠片、口にしただけで感じられる。
それがドモーリの最大の魅力だと思います。

日本の輸入元であるノンナ・アンド・シディの社長さんのインタビューにもありましたが、
ドモーリは芸術作品であり魂の宿ったもの。共感を呼ぶものだと思います。
ジャンルーカが愛しているものを具現化した、彼の生きざまに他ならないのです。
掲載雑誌はコチラ。
https://www.facebook.com/NonnaandSidhiShop/posts/906252096087368
http://www.eiyo21.com/eiyo/detail00098.shtml

出会った当初は、クリオロシリーズだけ崇め奉っていましたが
冷静に2年も考えていると、ドモーリの商品は全て尊いと感じるようになりました。
もちろん、販売中止になったものもありますが
それは企業としての販売拡大作戦が上手くいかなかっただけの話であって
普通以上に美味しいものであることは、疑いようもありません。

他のブランドのチョコと比較してうんぬんという話ではなく
ドモーリのカカオを使ってチョコレートやお菓子を作ることが既に、特異なことなのかなと。
「食べる側の本気」にここまで応えてくれるブランドを、私は他に知りません。

ドモーリマニア小市民の私が言っても説得力はないのですが
個人的感情を差し引いて考えても、
ドモーリはチョコレートの歴史に名を残す偉業を成し遂げていると感じますし
これからも、彼らの事業が末永く続くことを信じて、応援し続けます。

もしドモーリのことを知りたくなったら、コチラの書籍翻訳も見て頂けると嬉しいです。
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-category-29.html
こちらを読んで、書籍の内容をもっと詳しく知りたいという方がいましたら
メールフォームやSNSのメッセージ、私のプライベートの連絡先
どれでも構いませんので、ご一報下さい。

・シングルオリジンの比較記事はコチラ
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-entry-548.html
・ジャンルーカ・フランゾーニ氏のカカオ講座1
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-entry-464.html
・ジャンルーカ・フランゾーニ氏のカカオ講座2
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-entry-465.html

・これまでのドモーリ商品記事は下記から
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/blog-category-35.html
スポンサーサイト
  1. 2015/10/09(金) 08:54:47|
  2. 考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【リベルターブル】 ゼニス | ホーム | 【ドモーリ】 チュアオ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://voyageurdechocolat.blog.fc2.com/tb.php/563-d376be9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぬんぬん

Author:ぬんぬん
ドモーリのチョコレートを愛する
カカオ&チョコ中毒な管理人が
独断と偏見で選んだチョコを紹介中。
全国のケーキも食べ歩いているので
お店探しにもご活用下さい♪

メールフォーム

お問い合わせ、感想など 気軽にお寄せ下さい! 大喜びします!

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター始めました!

最新記事

訪問ありがとうございます!

カテゴリ

TOP (2)
DOMORI (50)
商品一覧 (30)
翻訳記事一覧 (14)
講座 (2)
考察 (3)
カカオの実験 (8)
チョコレート (185)
Bean to Bar商品 (68)
クーベルチュール商品 (26)
ショコラティエ商品 (45)
市販品 (32)
食べ比べ・考察など (6)
講座・イベント (2)
チョコ関連書籍 (6)
スイーツ別ランキング (13)
パティスリー (254)
東京 (100)
福岡 (77)
北海道 (26)
関西 (24)
九州・沖縄(福岡除く) (16)
関東(東京除く) (6)
海外 (4)
和菓子 (50)
どら焼き (8)
羊羹 (9)
その他餡子系 (16)
餡子以外 (16)
市販のオヤツ (11)
手作りお菓子 (4)

大変お世話になっております♥

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

絶品☆おすすめ板チョコレート!

希少カカオ クリオーロ種ライン チュアオ カカオ 70% 25g ドモーリ

希少カカオ クリオーロ種ライン グアサーレ カカオ70% 25g ドモーリ 【冷蔵便のみ】

希少カカオ クリオーロ種 チョコレート 6枚入 (6種類×各1枚/4.7g) ドモーリ 【冷蔵便のみ】

クリオーロ 100% 25g ドモーリ 【冷蔵便のみ】

シングル オリジナルシリーズ 品種・産地別チョコレート(6種入) 6枚 (6種類×各1枚/4.7g) ドモーリ 【冷蔵便のみ】

D-fusion 6枚 (6種類×各1枚) ドモーリ 【冷蔵便のみ】

[9月上旬発送予定] イルブレンド カカオ70% 25g ドモーリ 【冷蔵便のみ】

チョコレートのオススメ本

チョコレート・バイブル―人生を変える「一枚」を求めて

世界の一流ショコラ図鑑

カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン―神の食べ物の不思議

チョコレートの真実 [DIPシリーズ]

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。